本文へスキップ

ビリーズマジックショップは新宿高島屋9Fにある実演が見られるマジックショップです。

TEL. 03-5361-1596 (玩具売場直通)

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿高島屋9F 玩具売場内

これからマジックを始める方へfor biginner

ミスディレクションについて

マジックは様々な不思議を作り出すためにいろいろな手法を用いますが、一番重要と言っても過言ではないのが「ミスディレクション」です。元々推理小説で用いられていた手法で(その際は「ミスリード」とも呼ばれます)、観客の注意を間違った方に逸らして判断を誤らせる心理誘導のテクニックです。
ミスディレクションは以下の3種類に分類されます。

 1.「フィジカル(身体的)ミスディレクション」
視覚、聴覚、触覚…様々な感覚器官に訴える、最も直接的な手法。
観客は演者が注目している方を注目します。例えば、演者が何らかの道具を取り出しせば観客もその道具を見ますし、演者が右の方を指差して見れば観客も右側に顔を向けます。また、音や感触等を利用してミスディレクションを促す場合もあります。

2.「サイコロジカル(心理的)ミスディレクション」

常識や先入観、思い込み等を利用した、心理的な手法。
ポケットに仕込んであるタネを取って来たいからと言って、おもむろに手をポケットに入れたのでは、観客は当然「何を取り出すんだろう?」と思います。ところが、“今持っている道具を仕舞うため”にポケットに手を入れるとしたらどうでしょう。不自然な動作を自然な動作でカバーするという、近代奇術における重要な理論のひとつでもあります。

3.「タイム(時間)ミスディレクション」
時間のズレを利用して観客の記憶をコントロールしてしまう手法。
人間の記憶は、実は非常にいい加減なものです。実際に体験したにも関わらず、時として勘違いや思い込みを生じる事もしばしばです。例えば、マジシャンがトランプを“切ってから選ばせた”のか、“選ばせてから切った”のか…よっぽど意識しない限り、細かい順番まで観客は記憶し切れません。そんな記憶のメカニズムを巧みに利用したミスディレクションです。


…これ以上、この場であまり多くを話す訳には行きませんが(汗)、マジックは手先の早業だけで成り立っている訳ではありません。巧みな心理誘導を行う「ミスディレクション」は、マジックを構成する上でなくてはならない重要な要素なのです。
ミスディレクションの名手としては、“マスター・オブ・ミスディレクション”と呼ばれたスコットランドのマジシャン、ジョン・ラムゼイ氏や、名著「ファイブ・ポインツ」で有名なスペインのマジシャン、ホアン・タマリッツ氏等が有名です。
テンヨー商品の中にもミスディレクションを用いたものが多数あります。その巧妙さには思わず溜め息を吐いてしまうものも多いですよ。

「小さくなるペン」
「トラップボックス」など


ショップ外観

shop info.店舗情報

ビリーズマジックショップ

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿高島屋9F 玩具売場内
TEL. 03-5361-1596
(玩具売場直通)
※手品コーナースタッフをお呼び出しください。

→アクセス

 

→メルマガ登録・解除はこちら