本文へスキップ

ビリーズマジックショップは新宿高島屋9Fにある実演が見られるマジックショップです。

TEL. 03-5361-1596 (玩具売場直通)

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿高島屋9F 玩具売場内

これからマジックを始める方へfor biginner

マジックの楽しみ方いろいろ

観ているだけではもったいない!マジックにはいろいろな楽しみ方があります。

 「観る」
誰もがまず初めにマジックに触れるのはこれでしょう。TVやインターネットの動画サイト等でも様々なマジックが観られますが、やはり生の演技が一番!当店では実演販売という形で常時マジックを行っています(…ちなみに、百貨店や量販店等で土日祝以外の平日にも専門のディーラーが常駐しているのはテンヨーブースだけ!日本全国に数ヶ所しか存在しない希少な場所なんですよ!)。また最近は、マジック専門のレストランやバーも格段に増えています。まずは実際にマジックを観て、その面白さを体感してみましょう!

「仕掛けを知る」
全てのマジックにはタネがあります。“不思議だ!”と思ったら、次に「一体タネはどうなっているんだろう…?」と考えるのは至極自然な事。とは言え、残念ながら誰でも簡単にタネを知れる訳ではありません。マジックのタネも一種の“情報”です。考案者が存在し、そのアイデアなり道具なりに対して正当な対価を払う必要があります。逆に言い換えれば、正当な対価を払えばそのタネを100%知る事が出来る!という事でもあります。但しここで注意するべき点が一つ。それは、タネを知る“権利”を得る代わりに、同時にそれを守る“義務”も生じるという事です。マジックのタネは、そのマジックを演じる人達全員の共有の財産です。無闇なネタばらしだけは絶対に止めましょう。

「練習する」
道具を手に入れて仕掛けを理解したら、今度は練習です。マジックはタネを知っただけで出来るものではありません。スムーズに演じられるよう手順をちゃんと把握する事、さらに出来れば台詞や演出にもこだわりたいものです。途中で一々閊えてしまっては、せっかくの演技も台無しです。観客にしっかりと不思議を味わって貰えるよう、最低でも5〜6回は練習するようにしましょう。また、仕掛けの道具の使い方を練習する他、技法(テクニック)の練習をするのもいいでしょう。例えばカードマジック。しっかりと練習した暁には、プロのマジシャン同様、全く仕掛けのないトランプを使って様々な現象が起こせるようになります。が、その際は、必ず“正しい方法を覚える”という事が重要です。「新版・カードマジック入門」の著者であるラリー・ジェニングス氏は「基本技法は奇術家にとって道具である。そしてよりよい道具を持つ事が名人への道である」と語っています。自己流ではいずれどこかで壁に当たってしまいます。何事も基礎が大切ですので、必ず正しい方法を覚えましょう。また、誰でも最初からスムーズに指先が動く訳ではありません。焦らず、“1日に寝る前に30分”等と時間を決め、日々継続して練習する事が大切です。

「演じる」
練習したら、やはり誰かに見て貰いたいですよね。“思い立ったが吉日”です、ぜひ始めましょう!…と、ここまで読んでは頂いたものの、何から始めたらいいか迷っている方もいらっしゃると思います。そんな方は、ぜひ店頭で直接ご相談ください。皆様一人一人のご都合に合わせたご案内を行っています(「こんなマジックがやりたい」という希望がある方は、出来るだけ詳しく仰って頂ける程ニーズに合ったより的確なご提案が可能です。遠慮せずにぜひお気軽にご相談ください!)。よく「器用じゃないとマジックは出来ないでしょう?」と思われている方もいますが、それは一部の特殊な技術を要するマジックに限っての事で、誰にでも簡単に出来るものはたくさんあります。どうぞご安心ください。実際に人前で演じて上手くいった時の嬉しさは格別ですよ!

「集める」
「マジックテイメント」や「ワールドグレイテストマジック」シリーズは、毎年9〜10月頃に新製品数点が発表されます。これまでになかった全く新しい原理や演出が用いられた、愛好家・専門家をも唸らせるものばかりで、国内はもとより海外にもたくさんのコレクターがいます。さらに他人が持っていないような珍しい道具は一段と魅力的!当店でも「限定品(マジシャンズセレクション)」として期間・数量限定の厳選アイテムを取り揃えています。マジックも他の商品同様、永遠に生産が続くものではありません。なくなってから「あの時買っておけばよかった…」と後悔する事も数知れず(泣)…気になる商品は出来るだけ早めに押さえておきましょう。


もうお気付きかと思いますが、実は上記の5項目はお互い密接に関連しています。
誰かの演技を観て…仕掛けが気になって…同じ事が出来るように練習して…習得したら人前で演じて…さらに別のマジックに興味を持って…それに伴い知識や道具を増やして…より向上するためまた別の誰かの演技を観て…と、それぞれが歯車のように噛み合って連動している事が分かりますね。

もちろん「マジック道具を買うのは好きだけど、仕掛けを知るだけで充分、誰かに見せる事はしない」という方もいますし、「人前でマジックをするのは好きだけど、一々練習するのはちょっと…」という方もいます。
最近ではFacebookやmixi等のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で同好の仲間と知り合い、オフ会でお互いにマジックを披露し合うという機会も増えています。すると、それまで「観る」専門だった人が「仕掛けを知る」事にも興味を持ったり、一人で「練習する」だけだった人が人前で「演じる」事を始めたりするようにもなっています。
そういった、マジックを同じ趣味とする仲間達とのコミュニケーションも、マジックを通じて得られる楽しみの一つです。せっかく興味を持ったマジック、出来るだけたくさんの楽しみ方を持てるといいですね!


ショップ外観

shop info.店舗情報

ビリーズマジックショップ

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿高島屋9F 玩具売場内
TEL. 03-5361-1596
(玩具売場直通)
※手品コーナースタッフをお呼び出しください。

→アクセス

 

→メルマガ登録・解除はこちら